映画めんたいぴりり/福岡先行上映中

めんたいぴりり オフィシャルガイドブック (ぴあMOOK)

 

福岡で2度のドラマ化と舞台化され、福岡県人なら誰もが知ってる「めんたいぴりり」がついに映画化!

華丸さんの"でっかいおめ目”と大吉さんの"女っぷり“がくすっと笑える元気がでる映画、といえるだろう。

 

 

 

ストーリー

 

昭和30年代。戦後最大の引揚港でもあった福岡は戦争の傷跡を残したまま、復興を遂げようとしていた。

主人公・海野俊之は焼け跡となっていた中洲の一角に小さな食料品店「ふくのや」を立上げ、妻の千代子と営んでいた。博多の祭り<博多祇園山笠>に情熱を燃やし盛り上げてきた「山のぼせ」でもあった。

一方で俊之には山笠と並んで熱中しているものがあった。それは「めんたいこ」作り。

戦前、日本の統治下でもあった韓国の釜山で生まれ育った俊之は、当時の思い出の味「明卵漬 → ミョンランジョ」をヒントに明太子を作り出し、日々味の改良を重ねていたが、なかなか納得できる味に近づかず苦悩の毎日だった。

そんな時、俊之は息子・健一の同級生、英子の存在を知る。両親をなくし、親戚に引き取られていた彼女は遠足に行く為の新しい靴やリュックサックも買えないというのだ…

戦後の混乱期を乗り越え、経済は復興から成長へとシフトしていく「昭和」という時代の光と影を描き、福岡の代表的な惣菜として知られることに なった「辛子明太子」が出来上がるまでの涙と笑いの物語。

(公式ページより)

 

 

 

めんたいぴりりの感想

 

ふくや創業者・川原俊夫さんをモデルにした映画で、川原→海野、俊夫→俊之、ふくや→ふくのや、と、微妙に変えてあるところからして笑える。さすがの華大さんで見ているだけで笑える。特に大吉さんのスケトウダラが可笑しくて、いや〜実に似合ってる。

エンドロール後の登場場面は特に笑えた。

 

辛子明太子の業者は多いなーとは思っていたけど、実は俊之のおおらかな性格(福岡愛)がそうさせていたのかー、こういうおやじって、昔は多かった気がするけど、今は多分かなり少ないと思う。戦後の大変な時代だったろうけど、昭和の良き時代でもあったのだな。

 

「3丁目の夕日」シリーズに似た人情映画で、こちらも続編があるのかしらね? 次がありそうな含みを持たせたセリフもあったけど? 全編博多弁だし、全国的にはどうだろう?

 

俊之の人柄と華丸さんの人柄がぴったりな感じで、まさにはまり役だった。

 

 

 

めんたいぴりり

 

監督:江口カン 

脚本:東憲司

主題歌:風味堂「夢を抱きし者たちへ」

上映時間 115分

公開日:2019年1月18日(1月11日より福岡県先行公開)

出演者:

海野俊之(ふくのやの主人)--博多華丸

千代子(俊之の妻)--富田靖子

松尾(ふくのや住み込み従業員)--斉藤優

八重山(ふくのや住み込み従業員)--瀬口寛之

笹嶋(ふくのや住み込み従業員)--福場俊策

ミチエ(ふくのや住み込み従業員)--井上佳子

海野健一(俊之の長男)--山時聡真

海野勝(俊之の次男)--増永成遥

英子(健一のクラスメイト)--豊嶋花

でんさん(お向かいの金物屋)--ゴリけん

でん妻(お向かいの金物屋)--酒匂美代子

スケトウダラ(スケトウダラの妖精)--博多大吉

キャサリン(キャバレーのホステス)--中澤裕子

稲尾(西鉄ライオンズのスター選手)--高田延彦

花島先生(健一の担任)--吉本実憂

石毛(ふくのやの味を盗む)--柄本時生

吉川(俊之の山笠仲間)--田中健

丸尾(元博多人形師)--でんでん

 

ノベライズ>>めんたいぴりり (集英社文庫)

ドラマ版>>めんたいぴりり [DVD]

ドラマ版2>>めんたいぴりり2 [DVD]

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク



サイト内検索

新着記事

カテゴリー

スマートフォン

運営者

アーカイブ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM