ハドソン川の奇跡〜Sullyの葛藤・苦悩

 

ハドソン川の奇跡(字幕版)

 

クリント・イーストウッド監督作品・ハドソン川の奇跡を観ました。2009年に起きたUS1549便の不時着水事故を基にした実話の映画化です。

トム・ハンクスはサレンバーガー機長になり切り、容姿も本人そっくりで(メディアで見る機長で、実際に見たわけではないですが・・)、いつもながら素晴らしい演技と感動を見せてくれました。

映画を観る前は、原題「Sully」より邦題「ハドソン川の奇跡」の方がいいんじゃない?って思ってましたが・・

観終わると、「Sully」」がしっくりくる。

 

ハドソン川の奇跡あらすじ

2009年1月15日、ニューヨークのラガーディア空港を離陸したUS1549便は、離陸からわずか1分後に鳥(カナダガン)の群れに衝突し、左右のエンジンが破壊された。 最寄りの空港に不時着することすら無理だと判断したチェスリー・サレンバーガー機長の判断で、極寒のハドソン川に不時着水する。この間わずか208秒。 乗客・乗員155名全員が無事助かり、「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、機長は一躍時の人となり称賛されるが、国家運輸安全委員会(NTSB)の調査の過程で、機長の判断が適切だったのか、左エンジンは動いていたのではないかなど、追及を受け心身に不調をきたしてゆく・・

 

原題のSully(サリー)はサイレンバーガー機長のニックネームだそうです。 サリーって、キャリーみたいな題名やな・・・と最初は思ったんですけどね、イーストウッド監督は、孤高のヒーローに徹底的に向き合っていて、次第に観ている自分も胸が苦しくなってくる感覚を共有しました。.

 

事故から数日後、英雄視される一方で、悪夢にうなされ追いつめられる様子から物語は始まります。

 

国家運輸安全委員会(NTSB)の調査を受けたり、カメラのフラッシュにさらされたりと英雄から一変して容疑者に。←いや、容疑者は言いすぎやろ〜 「155人の命を救い、容疑者になった男」ってキャッチコピーがついてるけどねー。

 

事故を回避しても疑られ、もし大惨事になっていたら責任を問われ、命を預かるお仕事は大変ですよねー。

 

ハドソン川に着水するシーンはすごい迫力でした。目線の高さで入水していくもんね。 飛行機はどうやって調達したんだろう?って疑問だったのですが、なんと、イーストウッド監督は映画撮影のために本物を購入したんですと!徹底してますね!

 

エンドロールで実際の機長や乗客のみなさんが出演されてましたが、トム・ハンクスはまんま機長だった。徹底的に役作りをしたのがうかがわれる映像でした。

 

見ごたえのある作品でした。

 

 

ハドソン川の奇跡

 

原題:Sully

原作:チェスリー・サレンバーガー

監督:クリント・イーストウッド

公開日:2016年9月24日

主な出演者:

チェスリー・”サリー”・サレンバーガー(機長) - トム・ハンクス

ジェフ・スカイルズ(副機長)- アーロン・エッカート

ローリー・サレンバーガー(サリーの妻) - ローラ・リニー

 

 

機長、究極の決断 (静山社文庫)
C・サレンバーガー 静山社 売り上げランキング: 4,527

スポンサーリンク




スポンサーリンク



サイト内検索

新着記事

カテゴリー

スマートフォン

運営者

アーカイブ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM