嘘を愛する女/あなたは誰ですか

嘘を愛する女

 

5年間も同棲した恋人の全てが嘘だと判明したら・・・どうする?

あなたは全てを知りたいですか? 封をしたいですか?

結末がとても気になった作品。そして高橋一生の演技も。こりゃ観にいくしかないわね〜嘘

 

 

 

ストーリー

 

その姿は世の女性が憧れる理想像。飲料メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。

 

ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」  くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証はすべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。

 

騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・ 海原匠(吉田鋼太郎)を頼ることに。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。

そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。

 

海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に......。 なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

(公式サイトより引用)

 

 

嘘を愛する女の感想

 

予告を見ると「実話に基づく物語」と出てくるので、実話がベースになっているんだなーと思い、調べてみると、『夫は誰だった?』という、センセーショナルな見出しの実在する新聞記事に着想を得て企画されたとのこと。(東宝のサイトで確認)

 

ぐぐってみると・・空恐ろしい記事がいくつか出てくる。「1991年11月4日の朝日新聞に、私の夫は誰だった?という記事が記載された。」 という記事もあり、これらがヒントになっているようだ。しかも、結局は誰だったのか分からないらしい。

 

分からないから結末は自由に設定できるというわけか。

おどろおどろしい記事を先に読んでいたからか、私が考えていたエンディングとはちょっと違っていた。

悲しいけれど希望が見える、みたいな。

 

小出という名前からして嘘であって、たまたま見上げたビルに付いていた名前が口をついて出ただけ、ということ。

医師免許証や運転免許証も偽造・・・って、普通の人間にやれる? まるでスパイか殺人犯みたい。

 

実はスパイだったとか、実は殺人犯で時効まであと何年とか、そういう小出像を想像していたので、ちょっと意外な展開だった。

 

医師というのは本当だったわけだが、島での出来事がいくら衝撃的だとしても、偽造して、世捨て人みたいになるって、ちょっと飛躍していないかな〜

 

この物語は「嘘に愛された女」ではなく、「嘘を愛する(した)女」なんだよねー。

ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれるほどのキャリアウーマンの由加利。同棲をするきっかけを作ったのも由加利で、食事洗濯が苦手と言う由加利にとって、桔平はまるでメッシーくん。桔平のどれだけを分かっていたんだろ? 5年も同棲していりゃぁ、少しは「おかしいな〜?」って気づかなかったのかなー。

 

原作本は内容が違うらしいので、本の方も読んでみようと思っている。

"もうひとつのラストに涙する” と予告されているので、映画とは違ったラストになっているのだろうか?

 

 

昏睡状態から目が覚めるときの高橋一生の演技、さすがだったわ。

松たか子さんの透き通る歌声の主題歌も良かった。

 

 

>>嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

 

 

嘘を愛する女

監督:中江和仁
脚本:中江和仁 近藤希実
主題歌:松たか子「つなぐもの」

上映時間:118分

公開日:2018年1月20日

主な出演者:

長澤まさみ・・・川原由加利
高橋一生・・・小出桔平
DAIGO・・・木村(キム)
吉田鋼太郎・・・海原匠
川栄李奈・・・心葉
黒木瞳・・・マサコ
 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク



サイト内検索

新着記事

カテゴリー

スマートフォン

運営者

アーカイブ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM