映画ダンスウィズミー/新しいミュージカル映画かも

ダンスウィズミー

 

「なんで歌ったり踊ったり急にするの?おかしいでしょ?」と思った監督の内から出たテーマが今作・・らしい。なるほど。

ミュージカル好きには普通でも、好きじゃない者にとってはなぜ?って思うことを、なるほど・・に変えたテーマが今作。

なにしろミュージカル大っ嫌いな女子が催眠術のせいでミュージカル体質に変わるってんだから、突然歌いだすのも、踊り出すのもアリ、アリの行動だものね。

 

 

 

ストーリー 

 

一流商社で働く鈴木静香は、訳あって子どもの頃からミュージカルが大嫌いだった。

 

ある日姪っ子と出かけた公園で胡散臭い催眠術師・マーチン上田に術をかけられ、音楽を聴いたとたんどこでも歌い踊らずにはいられないミュージカル体質になってしまう。

 

日常生活に支障が出るようになってしまい困った静香は、術を解くため、お金とイケメンに弱いフリーターの千絵、ストリートミュージシャンの洋子、興信所の調査員・渡辺などを巻き込み、上田を探して日本中を駆け回ることになる。

 

千絵と行動を共にするうち、静香は自分にとって一番大事なものはなにかと気づいていくのだった。

 

 

 

感想

 

モデル出身の三吉彩花さん、スタイル抜群でダンスシーンも素敵だった。特に良かったのが渾身のダンスを見せた3シーンで

 

出勤する静香がマンションで踊り出す最初のシーン「Act Show」・オフィスで歌い踊るシーン「Happy Valley」・村上とデート中のレストランでのシーン「狙いうち」この3シーンは良かったな〜〜 

 

オフィスでのダンスシーンは「ラ・ラ・ランド」を意識していたのかな?「ラ・ラ・ランド」を思い出させるような集団ダンスシーンだった。

 

『曲が鳴ったから体が勝手に動き出しちゃったのよー』ってことですね^^話の途中で突然歌で返す・・っていう王道ミュージカルとは違いますもの。 

 

王道ミュージカルと違うのは楽曲もそうで、既存の楽曲を使っているところ。多少曲が古い感じもするが、「狙い撃ち」は、弾けっぱなしの静香にピッタリで、もう笑っちゃうしかない。リンダさんの動画も見たくなってしまった。

 

吹替えナシの全て本人の歌と踊りということで、Gentle Forest Jazz Bandが演奏し、エンディングのみ書下ろし曲だそうで、最後の曲(「Stone with Wind 」当然ジャズ)も雰囲気があって良かった。

 

エンドロールで「動画制作で、動物に危害は加えておりません」的なメッセージが流れたけど、千絵がコンビニでカップ麺をこぼして、その後犬が食べてたような記憶があるが(そこなのかどうかは曖昧だけど)、動物虐待にも神経を使わないといけないのねー。

 

観客の我々は好き勝手な感想言ってるけど、映画が完成するまでいろんな苦労があるんだよねー。。1本の映画が出来上がるまで、様々なチェックと配慮に神経を使わないといけないんだな〜と、1行のメッセージから制作の大変さを少しだけ感じとってしまった。

 

静香の相棒となる千絵役のやしろ優、ダンス、歌共に上手だし、何ともチャーミング!めっちゃ良かった。

 

 

 

ダンスウィズミー

 

原作・監督・脚本:矢口史靖

公開日:2019年8月16日

上映時間:103分

出演者:

鈴木静香(キラキラOLを目指し無理して働くキャリアウーマン)---三吉彩花

斎藤千絵(マーチン上田のサクラとして働くフリーター)---やしろ優

山本洋子(新潟の訳ありストリートミュージシャン)---chay

村上涼介(静香の先輩エリート社員)---三浦貴大

渡辺義雄(静香の依頼でマーチン上田を探す興信所の調査員)---ムロツヨシ

マーチン上田(過去に一世を風靡したが今はインチキ催眠術師)---宝田明

 

>>ダンスウィズミー


スポンサーリンク




スポンサーリンク



サイト内検索

新着記事

カテゴリー

スマートフォン

運営者

アーカイブ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM