それは秘密の/乃南アサ/あらすじと感想

それは秘密の (新潮文庫)

 

人の感情というものは、どうしてこうも独りよがりなのか。

僅か4ページの超短編も含む9篇の短編は、揺れ動く心理描写を描いた、でもさっくり一気に読める一冊となっている。

 

 


しゃぼん玉/乃南アサの読書感想

しゃぼん玉 (新潮文庫)

 

直木賞作家・乃南アサの2004年発売の「しゃぼん玉」。随分前に一度読んだ記憶があるが、映画化されたとのことで、

再読のため図書館から借りてきました。

 

 

 

続きを読む >>

スポンサーリンク


1


スポンサーリンク



サイト内検索

新着記事

カテゴリー

スマートフォン

運営者

アーカイブ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM